■プロフィール

panta3

Author:panta3
開業して5年目を迎えた。
栄養の重要性に目覚め、健康オタク化してる。
食事療法で頭痛と鼻炎を克服したい。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■リンク
■月別アーカイブ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック

2016-17シーズンクロカン総括
走行日数 22回 計318km
(1回数え間違い)

最速ラップ キタキツネ 50分48秒 (3月15日)

今年は運動ゼロでいきなりクロカンってシーズンだった。

これまで左足荷重にばかりに気が取られ、左クイック一辺倒だったが、
天才のはずの右足に上手く乗れていないことに気付いた。
以降、右クイックの練習したら、右足の運びだけでなく、左右のバランスが改善した。
改めて、クロカンは左右のバランスが取れていないと、滑らかな滑りはできないことに気付いた。

左右のバランスを取るためのトレーニングとして、2つの練習法を見出した。
①センターライン法: センターラインを仮想して、スキーの後ろがちゃんとセンターラインを踏む
             ように滑る。(しっかり引きつける)
②アンコウ法: 頭をアンコウのアンテナのようなイメージで進行方向に振る。同時に、
         特に上り坂で、前を見ず、滑走面を見て走るとスムーズに滑れる。

上りで良い滑りを実感できた時は、上半身とともに、しっかりと踏み込んでいることに気付いた。
難しいけど、ハマると面白いくらいにスピードに乗るので、おそらく正しいんだと思う。
なかなか継続できないけど、やはり前荷重であれ、ということなのだと思う。
そんな時は、膝も曲がり、ダイナミックな滑りになっている気がする。
これにはある程度筋力も必要なのだと思う。
ここら辺が来年の課題になるだろうか?

ベテラン達と比べると、明らかにピッチが遅い。
彼らと合わせると、息が上がってしまい、継続できない。
心肺機能を改善するのは難しそうなので、やはり筋力を上げて
大きな伸びのある滑りを目指すのが良い様な気がする。

今シーズンはこれといった収穫がなく終わってしまった。
逆に言うと、それなりにフォームが習熟してきた感がある。
なのに、スピードはちっとも上がっていない。
来年はもう一度スピードにも挑戦したい。


スポンサーサイト


クロカン | 18:08:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad