■プロフィール

panta3

Author:panta3
毎朝、「良く寝た―!」って目が覚めたい。自分の能力を最大限に発揮したい。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■リンク
■月別アーカイブ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

■最新トラックバック

疲れた
滝野でクロカン3

キツツキmody14km 1時間33分

気温-8℃ くもり時々晴れ

日曜なのに圧雪してないゲレンデにビックリ。
粉雪何でひっかかかることはなかったけど、やっぱり滑らない。
気温雪温が低かったこともあるかもしれないけど、滑りが悪くて疲れた。

14kmで終了。
脚より、前身の疲労が強かった。
今日はプロテイン1杯飲んだだけだったけど、ハンガーノックに近かったかな?
寒くて呼吸も難しく、怪我するまえに退散。
お腹の調子も今一だったし、今日は収穫なし。

スポンサーサイト
クロカン | 12:49:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
初滑り
滝野でクロカン1

キタキツネ 10㎞ 57:36

気温ー5℃、くもり時々晴れ、ほぼ無風。
今シーズン初日は天気に恵まれ絶好の条件。
心配したコース状況も良好、雪不足を感じさせない。

オーバル3周してすぐにコースに突入。
もう10年のベテランなんだけど、毎度ズブ白に戻ってしまう。
蓄積した滑りのノウハウを思い出すこともなく、淡々と滑った。
タバタで準備したつもりだったが、すぐに息が上がり苦しかった。
条件が良かったので、止めるのが勿体なかったけど、廃人コースは避けたかった
ので、10kmで終了。
クロカンは楽しいけど、きつい。初日はこんなものかしら?

帰り際、ロッジでYちゃんに会ってビックリ。
昨年からクロカンを再開したそうで、毎週来てると言う。
近いうちに、クロカン教えてもらえるかもしれない。

クロカン | 11:48:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
クロカン総括のまとめ
クロカン復習用
***
16/17シーズン
走行日数 22回 計318km
最速ラップ キタキツネ 50分48秒 (3月15日)
今年は運動ゼロでいきなりクロカンってシーズンだった。
これまで左足荷重にばかりに気が取られ、左クイック一辺倒だったが、
天才のはずの右足に上手く乗れていないことに気付いた。
以降、右クイックの練習したら、右足の運びだけでなく、左右のバランスが改善した。
改めて、クロカンは左右のバランスが取れていないと、滑らかな滑りはできないことに気付いた。
左右のバランスを取るためのトレーニングとして、2つの練習法を見出した。
①センターライン法: センターラインを仮想して、スキーの後ろがちゃんとセンターラインを踏む
             ように滑る。(しっかり引きつける)
②アンコウ法: 頭をアンコウのアンテナのようなイメージで進行方向に振る。同時に、
         特に上り坂で、前を見ず、滑走面を見て走るとスムーズに滑れる。
上りで良い滑りを実感できた時は、上半身とともに、しっかりと踏み込んでいることに気付いた。
難しいけど、ハマると面白いくらいにスピードに乗るので、おそらく正しいんだと思う。
なかなか継続できないけど、やはり前荷重であれ、ということなのだと思う。
そんな時は、膝も曲がり、ダイナミックな滑りになっている気がする。
これにはある程度筋力も必要なのだと思う。
ここら辺が来年の課題になるだろうか?
ベテラン達と比べると、明らかにピッチが遅い。
彼らと合わせると、息が上がってしまい、継続できない。
心肺機能を改善するのは難しそうなので、やはり筋力を上げて
大きな伸びのある滑りを目指すのが良い様な気がする。
今シーズンはこれといった収穫がなく終わってしまった。
逆に言うと、それなりにフォームが習熟してきた感がある。
なのに、スピードはちっとも上がっていない。
来年はもう一度スピードにも挑戦したい。
***
15/16シーズン 総滑走距離 300km(17回)
  LAP計測なし  最長 キタキツネ10x3の30km (2/28)
クロカン始めてちょうど10年目となる今シーズンは、最も成長したシーズンであった。
左足の荷重感覚が突然身に付き、滑りのバランスが良くなった。
そのおかげで、スーパーが出来るようになった。
また、左足にテーピングなしで、シーズンを通すことができた。
シーズン後半には、「スケーティングにポールは添えるだけ」の極意に気付き、
ダイアゴナルやスーパーだけでなく、クイックでも応用可能であることを知った。
その流れで、最終日の今日、上りでポールなしでスケーティングが可能となった。
これまで、手と足を連動させることばかり考えていたけれど、
脚だけでスケーティングし、ポールはバランスを取る道具と割り切るようにしたら、
驚くほどスムーズな体重移動が可能となり、大きな滑りができるようになった。
スピードが出ないのは残念だけれど、来年度も滑りのメカニズムをさらに研究し、
アクセル・タイヒマンの様な、大きく美しい滑りを追求したい。
***
14/15シーズン総括
計17回  総滑走距離 263km
LAP計測なし
最長 キツツキmod 26km 2:17:52
・スピードより距離
ポラールのトランスミッターが見つからず、計測に興味を失った。
これが幸いして、スピードより、如何に楽に距離を稼げるかが今シーズンの課題となった。
・skiing like walking
マーチンのチェルシーブーツで、雪道を毎日通勤ウォークしたことが良かったと思う。
一足600gもある重いブーツで、できるだけエネルギーを使わぬよう、リズムよく歩くことに努めた。
クロカンでも同じような感覚で、歩くように滑ることができたのだと思う。
上半身の脱力も、歩きの応用だった気がする。
・踏み込むのでなく押し出す
踏み込んで、一歩を大きく取ることが、スムーズな体重移動につながると信じていたが、
根本的に間違っていた。
板をひきつけ、体の真下で板に乗ると、勝手に板が滑る(スムーズに重心が移動する)。
踏み込むのではなく、板を押し出す感覚になる。
これに気付いてから左足内踝の痛みが消え、テーピングが不要となった。
左足裏の感覚も分かるようになった。
左右のバランスが良くなったので、リズムが良くなり、疲れにくくなった。
・上半身の力を抜く
結果的に膝から滑る意識が弱まり、ちょっと棒立ちなフォームになった。
しかし、無理に踏み込むのを止めたら、上半身の力が抜けた。
そうすると益々板が滑る好循環につながった。
ポールの位置も以前より体に近くなり、より力が伝わるようになった。
・アップライトな姿勢
上半身を突っ込まずにアップライトにすることで、ためが作れるようになった。
おかげで未熟ではあるがスーパーの真似事が出来るようになった。
しかも、長く続けられるようになった。
欲張らずにステップを細目にすることで、ためを維持できることに気付いた。
足の使い方を変えてから、長く乗っても疲れなくなり、20kmを当たり前に滑れるようになった。
年上のベテランたちに抜かれると悔しくて、スピードを追求したくなる。
しかしである、テーピングが不要になるのに9年もかかったのである。
彼らと比べ、運動神経も鈍いし、心肺機能もかなり劣っているという事実を認めねば。
来年以降もスピードではなく距離に重点を置こう。
今年身に付けたことを、半分でも体が覚えていてくれることを願う。
今から来シーズンが楽しである。
***
13/14シーズン総括
今シーズンは1月4日が初日、計14回滝野でクロカンした。
毎回10kmが限界で、総滑走距離はわずかに153kmであった。
キタキツネ10km 最速ラップは
14.3.12、 48分46秒 aveHR164、maxHR179 であった。
シーズン途中でダイアゴナルスケーティング法を取り入れたことで
体重移動がスムーズになり、左足感覚が身についたことが一番の収穫であった。
おかげでスーパーも以前より様になった気がする。
後半は腰が引けないようにしていくらか前のめりに滑ることで加速する感覚を
クイックで感じ取ることができた。ここは来シーズンの課題とし追求したい。
左股関節痛が心配であったが、入念なストレッチで痛みの再発なし。
左足内側靭帯痛予防のためテーピングをしてたが、最後の2回はテーピング
なしでも滑ることができた。アルピナに足が慣れてきただけじゃなくて、
フォームも改善されて正しく板に乗れてるからかもしれない。
来シーズンは最初からテーピングなしで滑りたい。
今年は夏にローラースケーティングもして準備したい。
来年こそ10km40分に迫り、東医体王者のHDrにチャレンジしたい!
***
12/13シーズン総括
2012-2013シーズンは12月23日の1回切りの10㎞だけ。
キタキツネ10km 64:41 aveHR163、maxHR178 とタイムも酷い。
50肩と左股関節痛でシーズンを棒に振ってしまった。
大事な板もワックスでふたしなきゃならん。
使いもしなかったワクシング台の片付けが面倒臭え。
来年こそ記録更新する。
札幌国際スキーマラソンにチャレンジする。
HDrに挑戦状をたたきつける!
***
11/12シーズン総括
滝野9回、計142km。
昨年末に初めてしたローラースキーで右手首の靭帯を損傷し2ヶ月の療養入り。
おかげでクロカン初日は1月末と出遅れてしまった。
しかし、3月10日、キタキツネ10kmで42:49、aveHR160、maxHR174の新記録を達成!
3シーズンぶりに記録を更新できた。
過去記録の方がはるかに滑る雪だったし、まだ右手が痛み十分に力が入らなかった。
まだまだ余力はあるので、40分切りも夢ではなくなった。
怪我で滑れない中見出した骨盤ダンスも間違いなく貢献してると思う。
今から来シーズンが楽しみでたまらない。
もしかしたらクロカン友達も出来るかもしれないし。

クロカン | 20:15:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
明日からクロカン
180127_181645.jpg180127_181620.jpg

明日が初滑りの予定。
17/18クロカンシーズンがようやく始まる。
今年は雪が少なく、1月下旬だというのにわずか60cmしか雪がない。
いまだにコース状況は△なままである。

昨年の総括を読み直し、注意点を思い出した。
今年はタバタしてたので、心肺機能は整ってはいると思う。
左肘痛はあるけど、最低でも10kmは滑りたい。
ワクシング台を出して、超いい加減にブラッシング。
ワクシングは手抜きするようになりました。

***
過去の記録
06/07シーズン 総滑走距離:282km
  最速LAP: キタキツネ10km 54分 
07/08シーズン 総滑走距離:440km
  最速LAP: キタキツネ10km 47:11、aveHR154,max176 (08.3.2)
08/09シーズン 総滑走距離: 468km
  最速LAP: キタキツネ10km 43:27 aveHR161 maxHR176 (09.1.24)
        ノウサギ6km 24:40 aveHR169、maxHR179 (09.2.14)
09/10シーズン 総滑走距離:261km
  最速LAP: キタキツネ10km 44:09 aveHR165 max180(10.2.28)
10/11シーズン 総滑走距離 240km(13回)
  最速LAP: キタキツネ10km 45:37 aveHR154、maxHR173 (2011.2.26)
11/12シーズン 総滑走距離 142km(9回)  
  最速LAP  キタキツネ10km 42:49、aveHR160、maxHR174 (2012.3.10)
12/13シーズン 総滑走距離 10km(1回)
  最速LAP  キタキツネ10km 64:41 aveHR163、maxHR178
13/14シーズン 総滑走距離 153km(14回)
  最速LAP  キタキツネ10km 48:46 aveHR164、maxHR179(2014.3.12)
14/15シーズン 総滑走距離 263km(17回)
  LAP計測なし  最長 キツツキmod 26km 2:17:52
15/16シーズン 総滑走距離 300km(17回)
  LAP計測なし  最長 キタキツネ10x3の30km (2/28)
16/17シーズン 総滑走距離 318km(22回)
  最速LAP キタキツネ10km 50分48秒 (3月15日)
 (注)07-10の3シーズンのキタキツネコースは現在と異なる。
    現在のコースの方がキツい気がする。
 (注2)10/11シーズンよりブーツをサロモンからアルピナに変更。
    同時にビンディングもSNSからNNN式へ。板は同じくFischerを新規購入。

クロカン | 19:42:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
2016-17シーズンクロカン総括
走行日数 22回 計318km
(1回数え間違い)

最速ラップ キタキツネ 50分48秒 (3月15日)

今年は運動ゼロでいきなりクロカンってシーズンだった。

これまで左足荷重にばかりに気が取られ、左クイック一辺倒だったが、
天才のはずの右足に上手く乗れていないことに気付いた。
以降、右クイックの練習したら、右足の運びだけでなく、左右のバランスが改善した。
改めて、クロカンは左右のバランスが取れていないと、滑らかな滑りはできないことに気付いた。

左右のバランスを取るためのトレーニングとして、2つの練習法を見出した。
①センターライン法: センターラインを仮想して、スキーの後ろがちゃんとセンターラインを踏む
             ように滑る。(しっかり引きつける)
②アンコウ法: 頭をアンコウのアンテナのようなイメージで進行方向に振る。同時に、
         特に上り坂で、前を見ず、滑走面を見て走るとスムーズに滑れる。

上りで良い滑りを実感できた時は、上半身とともに、しっかりと踏み込んでいることに気付いた。
難しいけど、ハマると面白いくらいにスピードに乗るので、おそらく正しいんだと思う。
なかなか継続できないけど、やはり前荷重であれ、ということなのだと思う。
そんな時は、膝も曲がり、ダイナミックな滑りになっている気がする。
これにはある程度筋力も必要なのだと思う。
ここら辺が来年の課題になるだろうか?

ベテラン達と比べると、明らかにピッチが遅い。
彼らと合わせると、息が上がってしまい、継続できない。
心肺機能を改善するのは難しそうなので、やはり筋力を上げて
大きな伸びのある滑りを目指すのが良い様な気がする。

今シーズンはこれといった収穫がなく終わってしまった。
逆に言うと、それなりにフォームが習熟してきた感がある。
なのに、スピードはちっとも上がっていない。
来年はもう一度スピードにも挑戦したい。




クロカン | 18:08:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad